国際連合人権高等弁務官事務所 「スペイン政府はカタルーニャ州の住民投票を尊重すべき」

国際連合人権高等弁務官事務所は28日、デヴィッド・ケイ法学士とアルフレッド・デザイヤス研究員(国際法と人権のエキスパート)によるスペイン・カタルーニャ州で起こっている独立機運に伴う州住民投票に関するレポートで、スペイン当局に対し「表現の自由、集会の自由、そして一般市民参加の基本的権利を妨げないよう。」求めたことが分かった。



2017年9月28日付で発表された専門家によるレポートによると、「カタルーニャ州政府は10月1日に独立に関する住民投票を予定している。 しかし憲法裁判所は9月6日、投票は違憲であると決定した。 住民投票は『合法性』にかかわらず、スペイン当局は民主社会に不可欠な権利を尊重する責任がある、と述べた。」「我々が今目にしているものは、スペインの民主主義の重要な瞬間であり、公的情報と議論の可能性を遮断し、基本的人権に違反しているように見える。」「我々はすべての締約国に最大限の拘束を行使し、平和な抗議を行い、あらゆる種類の防鹿を回避するよう、近いうちに促す。と結論付けた。」

全文はこちらから

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。