楽天 GLOVOに2500万ユーロ以上を出資 バルセロナ市内の流通を強化へ

ラ・バングアルディア紙によると28日、FCバルセロナのメインスポンサーである楽天がバルセロナ市内の配達業者Glovoに2500万ユーロ以上を出資、バルセロナ市内の流通を強化する。



Glovoとは、自宅配送サービスを行っていない店舗でも購入者がネットショッピングを行えるようにするサービスで、専用アプリから購入すると、契約を結んでいない店でもGlovoの配達員が現地に行って購入し、自宅まで届けてくれるサービス。

楽天はカタルーニャ州バルセロナ支店を2016年6月7日に一度閉鎖(この時wuakiは残っていた)、アマゾンとの市場競争に負けていた。

しかし同年11月、FCバルセロナのメイングローバルパートナーとなったのを皮切りに楽天を再開、今回のGlovo社との提携で流通を強化、巻き返しを狙う。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。