マサ検察庁長官「プッチダモン州知事の逮捕も視野。」

中央政府ホセ・マヌエル・マサ検察庁長官は25日、スペインラジオ「OndaCero」に出演し、不服従の容疑でカタルーニャ州のカルラス・プッチダモン州知事を逮捕する可能性もあると発言したことが分かった。


ヨーロッパプレスによると、「OndaCero」のインタビューに答えたマサ検察庁長官は、「州知事は不服従の罪を犯しているのか?」との問いに「私はそう思う。 だから検察庁は行動している。 また、カタルーニャ州高等裁判所がその逮捕拘束の日を決定しなければならない。」と発言した。

また、マサ検察庁長官は「不服従の罪では収監されることはないが、公的資金横領は収監されることになる。」「ただ、そうしたいと言っているわけではない。 その時の状況を見なければならない。 ただ、今はそれを申請したわけではない。」と発言した。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。