カタルーニャ州サバデイ市が市政を中止「通常運営不可能」を発表

9月20日、グアルディア・シビル警察はカタルーニャ州政府機関顧問ホアン・イグナシ・サンチェスを扇動の容疑(不服従及び1-O準備)でサバデイ市の自宅にて逮捕した。

 

この逮捕に抗議した住民が自宅前に集まり小競り合いが発生した。

 

独立賛成派であるサバデイ市長マティエス・セランカントは、1-Oで公共施設の解放を宣言していた。

 

今回の一斉摘発に対し市長は「14人の高官が逮捕されるのは「あり得ない」と批判、今日のグアルディア・シビル警察による一斉摘発を受け一時的に市政の中止を宣言。 再開する日は発表しなかった。

サバデイ市での逮捕時の様子

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。