マリアノ・ラホイ首相が公式声明「(独立を問う住民投票は)もはや実施することができない。」「法の枠組みの中で対話する用意がある。」

マリアノ・ラホイ首相は20日、10月1日に行われる予定の独立を問う違法な住民投票を準備していたとしてカタルーニャ州政府関連施設40件以上に家宅捜索、14人の逮捕者を出した一斉検挙後、21時頃に官邸モクロア宮殿で公式声明を発表、「(独立を問う違法な住民投票は)もはや実施することができない。」「法の枠組みの中で対話する用意がある。」と発表したことが分かった。

 

カタルーニャ州では20日、バルセロナ司法局命令書13番に基づき州内の州政府関連施設40件以上にグアルディア・シビル警察らが家宅捜索を実施。 14人の政府高官を含む独立を問う住民投票の実施組織を逮捕した。

 

このほか、選挙の投票用紙約1千万枚や投票所設置内容、投票監視員用の印刷物など4万5千部を押収。 実質的に住民投票の実施が不可能となったとみられている。

 

声明の中でラホイ首相は「住民投票はもはや実施できなくなったことをわかっている。」p違法活動をやめて、合法的な活動に戻るよう求める。」「住民投票は過去にも合法であることはなかった。」「住民投票はキマイラ(ギリシア神話に登場する伝説の生物を作る)よりも不可能だ。」「違法な計画は未来がない。」などと語った。

 

また、首相はプッチダモン州知事および州政府関係者に対し、司法当局が命じた家宅捜索や逮捕に抗議し、公共の場での秩序を乱す行為をやめるよう指示、「多くのカタルーニャ州の政治家は今晩ベッドの中で、人民統一候補(CUP)などの反体制反資本主義は歴史を持たなかった理由を考えなければならないだろう。」と語った。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。