バルセロナで行われるロックフェス「プリマベーラ・サウンド」がスペイン中央政府を非難する公式見解を発表

2001年からバルセロナで行われている最大規模のロックフェス「プリマベーラ・サウンド」が、本日行われたグアルディア・シビル警察の一斉摘発に対し非難する公式見解をツイッターで発表したことが分かった。

 

プリマベーラ・サウンドは公式発表で「民主的発言の自由を侵すいかなる行為に対し遺憾の意を表する。」とのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。