マサ検察長官 1-Oに協力表明した市長らを最高裁とTSJCに出頭命令

ホセ・マヌエル・マサ検察庁長官は15日、10月1日に行われる予定のカタルーニャ州の独立を問う違法な住民投票(1-O)で、投票所として公共施設の解放を表明した一部の市長らを最高裁及びカタルーニャ州高等裁判所(TSJC)に出頭を命じたことが分かった。

 

TSJCに出頭を命じられたのは

ジェイダ県の自治体

MollerussaのMarc Solsona市長

Seo de UrgellのAlbert Batalla市長

 

タラゴナ県の自治体

VallsのAlbert Batet市長

 

バルセロナの自治体

Villanova i la GeltúのNeus Lloveras市長

 

最高裁に出頭を命じられたのは

タラゴナ県の

TortosaのFerrán Bel市長

 

トルトッサ(Tortossa)の市長は中央政府の議員であるため、最高裁でのみ裁判が出来る。 また、全ての市長は州政府与党でカタルーニャ共和主義左翼(ERC)と連立を組んでいるジュンツ・パル・シイのPdeCAT(前CDC)党員。

 

この出頭命令に応じない場合、自動的に不服従の容疑で最大8年の実刑判決となる。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。