フランス東部で女性二人が怪我 ハンマーで武装した男アラビア語で「神は最高」

ヨーロッパプレスによると15日、「Alahu Akbar」(アラビア語で”神は最高”)と叫びながらハンマーで武装した男が襲撃事件を起こし、女性二人が怪我をしたことが現地司法当局の発表により分かった。

 

事件が起きたのは、ボルゴーニュ地方Chalon Sur Saone(シャロン=シュル=ソーヌ)で、地元司法当局の発表によると、複数の目撃証言で男は「Alahu Akbar」と叫んで持っていたハンマーで女性二人にけがを負わせたと発表した。

 

怪我をした女性二人はすぐに病院に運ばれた。 情報によると命に別状はないとのこと。

 

現在警察当局はテロとの関連があるか調べているが、精神的に問題があった可能性もあるとみて捜査を進めている。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。