グアルディア・シビル警察 違法なポスター10万部あまりを押収

グアルディア・シビル警察は15日、憲法裁判所が違憲判断を下している10月1日に行われる予定のカタルーニャ州の独立を問う違法な住民投票(1-O)を推進するポスター、冊子など10万部あまりを押収したことが分かった。

 

15日州内にある二か所の印刷工場に立ち入り検査を行ったグアルディア・シビル警察は、両工場から1-Oの実施、独立に「賛成」を投票する用呼び掛けるポスター等10万部を押収、州政府の印刷物の他、独立推進組織が印刷されたポスターなど、重さにして約1.5トンだったとのこと。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。