カタルーニャ州 警戒体制発令中 11月23日から飲食店時短営業の可能性

地元メディアなどの情報によると、現在カタルーニャ州政府は来週11月23日月曜日から30%の入店制限で、17時までの時短営業が再開される可能性があることが分かった。

地元メディア(エル・ペリオディコ電子版)などが報じており、関係者の話によると、レストランやバルなどは6時から17時、テラスと店内それぞれ30%の入店制限で再開する可能性があると報じている。

また、映画館や劇場などは50%、もしくは最大600人の入場制限の花王性があるとのこと。

現在カタルーニャ州政府は新型コロナウイルス第2波感染拡大抑制政策の規制緩和として4段階のフェーズを策定している。

「公式発表ではなく、レストランが再開すると決定したわけではないので注意。」

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください