カタルーニャ州 コロナウイルス 「同居人以外が集まっていたら警察に通報を」州政府内務大臣が呼び掛け 300ユーロから6,000ユーロの罰金

カタルーニャ州政府ミケル・サンペル内務大臣は14日、16日金曜日からカタルーニャ州内で発効される新型コロナウイルス感染拡大防止政策で、市民が集合している場合、警察当局はそれが家族などの同居人であるかどうか判断することが不可能であるため、市民に対しそれが同居人でなかった場合、州警察に通報するよう呼びかけたことが、地元メディアの報道により分かった。

14日に行われた記者会見でサンペル内務大臣はこのように市民に対し呼び掛けたほか、州警察と地元警察が密接に連携して行くと発表。 また、今日明日中に州政府から発出される官報で詳しい市民の行動制限に違反した場合、300ユーロから6,000ユーロの罰金刑が課せられる可能性があると明言した。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください