『初音ミク』がバルセロナにも! 第2弾ヨーロッパツアー絶賛公演中!

日本が世界に誇るバーチャル・シンガー『初音ミク』がバルセロナに初上陸する。 2018年12月に行われた『初音ミク』の初ヨーロッパツアーが大成功を収め、今回のツアーは前回の3か所から、スペイン(バルセロナ)とオランダ(アムステルダム)を含めた5か所で行われる。

すでに今月11日のロンドンはブリストンのO2アカデミーで行われた公演では満席となる大盛況ぶり。 今回もロンドンでの根強い人気を示した。

初音ミクとは言うまでもなく、北海道札幌市に本社を置くクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発したDTM用のボーカル音源及びキャラクター。 2007年発売以降、国内外で絶大な人気を誇る。 

その初音ミクがコンサートというと、ただプログラムされた音源と映像を垂れ流し、それを熱狂的に応援するオタクと想像されるかもしれないが、実際は全く異なる。

音源はプロミュージシャンが生演奏し、照明なども工夫を凝らしているため、バーチャルシンガーがそこにいるかのようなコンサートが繰り広げられる。

今回のヨーロッパツアーに参加しているミュージシャンは、特徴的なシンバルIstanbulのAgopClapStrackがマウントされたツインペダル付きSAKAEドラムを操るcamachoさん、筆者の大好きな5弦ベースをロンドン公演で披露していたChloeさん、自然な発音に定評のあるファン垂涎ローランドJupiter-80を操るシンガーソングライターのMEG.MEさん、愛用のメサブギーを引っ提げて参戦した三沢崇篤さん。

独立問題で政情が不安定なカタルーニャ州であるが、ヨーロッパツアー初となるバルセロナ公演で、日本の最先端技術を使った『初音ミク』のコンサートでスペイン人たちを魅了することは間違いない。

日時1月28日 19時

場所 Sant Jordi Club

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください