国民党ホセ・ルイス・マルティネス・アルメイダがマドリード新市長に

マドリード市議会は15日、先月26日に行われた統一地方選により、国民党のホセ・ルイス・マルティネス・アルメイダ(44歳)がマドリード市の新市長に選ばれたことが分かった。

先の選挙結果は以下の通り(カッコ内は2015年の選挙結果)

マス・マドリード 19議席(20)

国民党 15議席 (21)

市民党 11議席 (7)

スペイン社会労働党 8議席 (9)

VOX 4議席 (0)

国民党(右派)は中道右派市民党、極右VOXの票を得て新市長を誕生させた。

アルメイダ新市長は「マドリード市を制するものは最終的にスペインを制する。」と発言。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください