マドリード市議会選挙 マス・マドリードが第一党も右派会派が過半数獲得 カルメナ市長交代へ

市長選挙が行われたマドリード市では26日深夜、開票率90%の時点でカルメナ暫定市長が所属するバルセロナ・エン・コムが19議席(前回20議席)を獲得したことが分かった。

一方、右派会派国民党、市民党、VOXが合計30議席を獲得、カルメナ市長から国民党のホセ・ルイス・マルティネス・アルメイダが新市長になる可能性が高くなった。

選挙結果は以下の通り(カッコ内は2015年の選挙結果)

マス・マドリード 19議席(20)

国民党 15議席 (21)

市民党 11議席 (7)

スペイン社会労働党 8議席 (9)

VOX 4議席 (0)

この結果を受けカルメナ暫定市長は、市長候補となることを断念する旨を表明「誰のせいでもない」と発言した。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください